不動産投資を始めたい方にナースがわかりやすく解説!

ナースが教える不動産投資

【年齢別】不動産投資

【30代】で不動産投資を始めるメリット・デメリットとは?

投稿日:2020年3月1日 更新日:

【30代】で不動産投資を始めるメリット・デメリットとは?

30代で不動産投資を始めようと思っている人も多いのではないでしょうか。30代は仕事でも波に乗っており家族を持っているので将来のことを考えて不動産投資をしようと思っている人も多いです。ここでは、実際に30代で不動産投資に成功している人の特徴などを紹介していきます。また、30代で不動産投資を行うことが本当にいいことなのかを判断することができるように30代で不動産投資を行うメリット・デメリットについても紹介していきます。

30代で不動産投資に成功している人の特徴

30代の若さにも関わらず不動産投資に成功している人には共通した特徴があります。実際に成功している人の特徴を知ることで自分が実際に不動産投資を行う時にも生かすことができるようになります。そのため、ここでは不動産投資に30代の若さで成功している人の特徴についてこれから不動産投資を行おうと思っている人もわかるように紹介していきます。

自分で自由に使うことができる資金がある

30代の若さで不動産投資に成功している人は自分で自由に使うことができる資金が豊富なことが多いです。自分で自由に使うことができる資金が多いことで自然と不動産投資などの投資にお金を回すように意識がいくようなります。また、不動産投資では自分で自由に使うことができる資金で不動産を購入することが多くなっています。そのため、自分で自由に使うことができる資金を持っている人はいい物件を購入することができ、不動産投資に成功することが多いです。

計画を持って不動産投資を行っている

不動産投資の場合は他の投資に比べて短期間で結果が出るのではなく長期的に見て収益を上げることが目的のことが多いです。そのため、将来のことも含めて計画的に不動産投資を行うことができている人ほど不動産投資に成功しやすい傾向があります。特に、30代の場合は家族を養っていることが多く、資金の使い方を間違えてしまうと家族の生活まで傾いてしまうということもあります。

家賃収入ではなく転売をメインにしている

30代で不動産投資を行う人は不動産の家賃収入ではなく転売した時まで含めて収益を出すことができるかをメインにしていることが多いです。30代の場合は投資を行う期間が年配から不動産投資を行う人よりも長くなります。そのため、家賃収入を目的にした消極的な不動産投資ではなく転売を目的にした積極的な不動産投資を行うことで成功する傾向が強くなっています。

社会的な信用がある

30代で不動産投資に成功している人は社会的な信用が大きいことが多いです。30代の場合は社会的な信用がないことは致命的な問題になります。そのため、社会的な信用がなく定職にもついていない人は不動産投資で成功するということが少ないです。また、社会的な信用がないと不動産を購入する際の融資を受けることも難しくなっています。

リサーチをしっかり行う

30代で不動産投資に成功している人は事前に物件や物件の周辺情報についてリサーチを行っていることが多いです。不動産投資の場合はリサーチを行うことで確実に収益を上げることができる物件に出会うことが可能です。また、成功している人が独自のルートでリサーチを行うことができることが多いです。そのため、不動産投資で成功するためにはリサーチを行い、分析までできるとさらに不動産投資がうまくいく確率が高くなります。

不動産投資を行っている人が周囲にいる

30代で不動産投資に成功している人は周囲に不動産投資について相談できる人がいることが多いです。大きな企業の場合は年収が高く30代でも年収1000万円を超えることも少なくないです。このような会社では30代にも関わらず不動産投資を行っている人が多く、同期などでも不動産投資をしている人がいるので不動産投資について相談をすることが可能です。不動産投資では周囲に相談できる相手がいることで冷静な状態で不動産に対して投資を行うことができます。

30代で不動産投資を行う際のポイント

30代で不動産投資を行う際にはポイントがあります。ここでは、今まで不動産投資をしたことがない30代の人でもわかるように30代で不動産投資を行う時のポイントについて紹介していきます。

自己資金で物件を購入できるくらい用意する

30代で不動産投資を行う際には自己資金で不動産を購入することができるくらいの体力が必要になります。また、自分が持っている資金の中で購入することができる不動産を購入することが必要になります。特に、30代の場合は不動産投資のために融資をしてもらうことができる確率は50パーセント程度になります。そのため、融資をしてもらえなかった時のことを考えて資金を用意しておくのがポイントです。

都心部に物件を購入する

30代で不動産投資を行う際には一発逆転ではなく手堅い物件を購入するのがポイントです。都心部の物件に関しては需要が高く空室が出にくいです。また、売却しても購入金額とほとんど変わらない金額のこともあります。場合によっては購入時よりも価値が上がって高値で売れることもあります。

家族がいる場合には家族に相談する

30代の場合は自分だけではなく家族を養っていることも多いとも思います。不動産投資は大きな買い物なので家族に相談してから実際に不動産投資を行うことがポイントになります。これは、家族の仲を悪くしないようにということもありますが離婚をした場合には資産が半分になるので本来の投資が計画通りにいかないこともあります。そのため、使うことができる資産を減らさないという目的からも家族に事前に相談することがポイントになります。

ワンルームの物件を購入する

30代で不動産投資を行う際にはワンルームマンションを購入するのがポイントになります。30代の場合は年齢的にも無理をすることが物理的にできないことも多いです。そこでおすすめなのがワンルームマンションです。ワンルームマンションは購入金額も安くリスクを少なくして物件を購入することが可能になります。30代で不動産投資を行う時にはワンルームマンションのようにリスクがなるべく少ない物件を購入することがポイントになります。

30代で不動産投資を行うメリット

30代で不動産投資を行うことにはメリットも多くあります。ここでは、30代で不動産投資を行うメリットについて紹介していきます。

不動産投資について若いうちから実践的に学べる

30代のうちから不動産投資を行うことで若いうちから不動産をはじめとした投資について学ぶことができるというメリットがあります。特に、投資に関しては若いうちから学んで感覚を養っておくことが非常に重要であると言われています。そのため、若いうちから不動産投資を行い、不動産投資について学ぶことには大きなメリットがあります。

社会的な信用が大きい

30代のうちから不動産投資を行うことで社会的な信用が大きいうちに不動産投資を行うことが可能になります。30代で家族を持っている場合は社会的な信用も非常に大きいです。また、サラリーマンなどの場合は会社の信用に伴って個人の社会的信用も大きくなることが多いです。

収入を増やすことができる

30代のうちから不動産投資を行うことで本業の収入のみではなく不動産からの収入ももらうことが可能になります。特に、30代の場合はいろいろお金が必要になることが多いです。本業での収入以外に副業の不動産投資の収益を得ることができることで全体的な収入を増やすことができます。

30代で不動産投資を行うデメリット

30代で不動産投資を行うことにはメリットだけではなく、デメリットも多くあります。ここでは、30代のうちに不動産投資を行うことのデメリットについて紹介していきます。

自宅を持っている場合は融資を受けることができない場合もある

30代の人は自分の自宅を購入していることが多いです。また、30代の場合は自宅を購入した際のローンの大半が残っていることも多いです。そのため、不動産投資のために銀行から資金を借りようとしても借りることができないことが多いです。自宅を購入した上で不動産投資を行おうと思っている30代の人は気をつけるようにしましょう。

家族の反対にあうことがある

30代の場合は不動産投資を行うことを家族に相談した結果、反対にあうということも多いです。30代の場合は家族もこれからお金がいることが多くなっておりそのことを心配した家族が不動産投資に反対するということが非常に多いケースです。30代で不動産投資を行う時にはこのようなデメリットもあることを意識しておくようにしましょう。

自由に使うことができる資金が少ない

30代の場合は自由に使うことができない資金が少ないことも多いです。資金が少ないと不動産に投資を行うことができずに自分の購入したい物件を購入できないということも多いです。30代の場合は自宅のローンもあるのでさらに自分で自由に使うことができる資金が少ないこともあります。

不動産投資に対する時間を取ることができない

30代で副業として不動産投資を行う際には時間を取ることができないことも多いです。特に、30代は会社の中でも中間管理職になっていることが多く会社での業務に日々時間を費やしているということが多いです。そのため、30代では不動産投資に対する時間を取ることができないというデメリットがあります。

まとめ

30代で不動産投資を成功させるためには自分のことだけではなく、家族のことを含めた心配をする必要があります。そのため、他の年代にはないような成功の特徴が出てきます。30代で不動産投資に成功することは十分可能なので今回の記事を参考にするようにしましょう。

今回の記事で話したこと
・30代の不動産投資はリスクを少なく、積極投資
・30代で不動産投資をする時には自分だけではなく家族のことも考慮しよう
・副業で不動産投資をする時は時間が取れずにリサーチができない可能性があることも意識しよう

-【年齢別】不動産投資

Copyright© ナースが教える不動産投資 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.